ネットワークが接続されていません
初級

税効果会計 ~会計と税務の差異の調整・配分手法~

00:17:470/10

概要

このコースについて

税効果会計とは、企業会計と税務会計の差異を調整し、適切に期間配分する手続きのことを言います。税効果会計は、原則的に全ての上場企業が適用対象となるため、税効果会計に関する基本的な概念を理解しておかなければ、企業の財務状況を適切に分析することができません。

本コースでは、税効果会計についての基本的な理解を深め、どのように会計と税務の差異を調整していくか、具体的な事例も交えながら学んでいきましょう。

※このコースを学習する前に、以下のコースを視聴することを推奨します。
・減価償却

コース内容

  • 事例①-1:経理部に異動になったばかりの鈴木さん
  • 税効果会計とは?
  • 税効果会計がなぜ必要なのか?
  • 『会計』と『財務』の差異:①範囲の違い
  • 『会計』と『財務』の差異:②「永久」か「一時的」か
  • 『会計』と『財務』の差異:まとめ
  • 税効果会計の一例
  • 事例②:償却限度超過額の会計処理
  • 事例①-2:鈴木さんの事例
  • 留意点

こんな人におすすめ

・自社の財務状況を適切に把握し、経営判断を行う必要がある方
・「会計」と「税務」の考え方の違いを学びたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

saito-yoshitaka
2022/08/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

原価償却のルール決めを行う等で差異を埋めれないものかと感じました。

_kodama_
2022/07/17
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

実務で意識してみよう

yama0047
2022/07/08
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

専門的な分野で従来の仕事では考えを向けることがなかなかありませんでしたが、企業の適切な会計の為今後意識していく機会になりました。

もっと見る