ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

ボトルネック

業務改善プロセスにおける生産性向上のポイントを考える

概要

このコースについて

「ボトルネック」という言葉は日常会話の中でもよく使われていますが、ビジネスにおいて「ボトルネック」を分析することは、業務改善や生産性向上をする上で特に有効な考え方の一つです。
このコースでは、「ボトルネック」の考え方と活用事例、そして活用する上でのコツ・留意点を紹介します。
概念をしっかりと理解し、生産性向上に活用してみましょう。

コース内容

  • ボトルネック
  • ボトルネックとは
  • 使われる場面①:オペレーション改善
  • 使われる場面②:多能工化
  • 岡本副店長の例
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・経営戦略の基本的な知識を学びたい方
・業務改善や生産管理に携わっている方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ishii201
2019/02/21
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

ボトルネックは定性的な価値尺度が入らないよう、科学的な定量分析に置き換えられることが鍵

terasawa
2019/01/24
メーカー その他 一般社員

工程において重要な考え方です。複雑な工程においてもきちんと分析することが必要と改めて感じました。

masahiko0921
2019/12/16
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ボトルネックは特に効率性を考えた手法であると思います。

もっと見る