ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

「女性活躍」「LGBT」経営戦略としての「ダイバーシティ2.0」を議論する~青井浩×杉山文野×土井香苗×柳沢正和×岡島悦子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2017
第5部分科会C「Diversity 2.0~経営戦略としてのDiversity & Inclusion~」
(2017年11月3日開催/グロービス経営大学院 東京校)

顧客共創型のイノベーションのためには企業内にもDiversity & Inclusion(D&I)の視点が欠かせない。ただ、企業内には未だ「無意識の意識」が存在しており、女性活躍推進のD&I 1.0に加え、LGBTへの取組みも含めたD&I 2.0の活動が必要である。経営戦略としてのD&I 2.0の活動とは何か、「無意識の意識」とは何か、イノベーション創出のためのD&I視点の利益実感事例とは何か等を議論する。(肩書きは2017年11月3日登壇当時のもの)

青井 浩 株式会社丸井グループ 代表取締役社長
杉山 文野 特定非営利活動法人東京レインボープライド 共同代表理事
土井 香苗 国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表
柳沢 正和 ドイツ証券株式会社 共同株式営業部長
岡島 悦子 株式会社プロノバ 代表取締役社長

コース内容

  • 「女性活躍」「LGBT」経営戦略としての「ダイバーシティ2.0」を議論する~青井浩×杉山文野×土井香苗×柳沢正和×岡島悦子
もっと見る

コメント

user-b7959d3e4d
2019/02/10
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 部長・ディレクター

LGBTの割合が8%であり、「13人に1人」ということですが、
あまり実感がありません。
全ての人に開かれていることが前提で、一緒に過ごす仕事以外の
時間を増やすことで、信頼関係の醸成を図りたいと考えています。

kyrie
2019/02/12
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

LGBTへの取組みも含めたD&Iは、実行するメリットより実行しないリスク・不利益が後に重大になると感じた。セッションの中でも話題に挙がったテレビ番組のように、十年以上前の感覚のままでコンテンツを放送してしまい批判にさらされた件などがそうである。同様に、政府や社会(企業)がD&Iへの取り組みを実行しない場合、該当する人たちは海外に移住してしまいかねず、国としては貴重な労働力を失うという重大なリスクを孕むことになると思われる。

tadashi2178
2019/02/10
コンサルティング・専門サービス 専門職 経営者・役員

LBGTが当たり前に認識される社会になるために、機会がある時は積極的に関わっていきたいと思います。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています