ネットワークが接続されていません
初級

カントリー・アナリシス・フレームワーク

グローバルビジネスを展開する上で必須となる外部環境を分析する力を身につける

概要

このコースについて

カントリー・アナリシス・フレームワークは、ハーバード大学のジェームス・オースティンが唱えた枠組みで、ある国のビジネス外部環境を分析する際に役立つフレームワークです。

コース内容

  • カントリー・アナリシス・フレームワークとは
  • パフォーマンス
  • 戦略
  • コンテキスト
  • 事例
  • カントリー・アナリシス・フレームワークのまとめ
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・ビジネスの海外進出を検討している方
・各国の国内事情やビジネス環境に興味がある方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

miyamanishiki
2020/05/28
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

一般的・典型的な説明内容だったと考える。プロジェクトに応じて個別にフレームワークを設定する必要があるだろう。一般論としてフレームワークに含めたらよいと思ったのは、宗教と人口動態である。
私はかつて医療機器の海外営業に携わっていて世界各国の医療機器市場の理解や販路開拓のためのカントリーアナリシスを精力的に行っていた時期がある。使用したパラメータはGDP、一人当たりGDPなどのマクロ経済指標の他に医療データ(国民医療費、新生児死亡率、ベッド数、医師数など)や制度(社会保険、医療保険、地方分権or中央集権)など。当該国の保健省のHPから必要な情報をとったりしていた。当時は情報収集に精力を使い果たし疲れ果てて肝心かなめの市場分析までたどり着かなかったこともあったことを懐かしく思い出している。

test_
2019/04/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

情報の収集方法、整理が初心者には難しいように感じた。会社によって、そのやり方が確立されているのでしょうか???

hirotama1978
2020/07/12
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国際社会における自国及び関連する他国の状況を把握する上で分析視点として参考になります。

もっと見る