ネットワークが接続されていません
中級 | ビジネススキル

労働時間マネジメント

誰もが知っておくべき労働時間の基礎知識

概要

このコースについて

労働時間に関する知識は、自身の時間管理をする上でも、管理職としてメンバーの労務管理をする上でも知っておくべき大切な情報です。
このコースでは、基本となる知識として主に以下のポイントと、職場で起こりがちな場面での対処方法について学んでいきます。
自身や組織のマネジメントに役立てましょう。

・労働基準法とは
・法定労働時間
・法定休日
・36協定
・裁量労働制(裁量労働のみなし制)
・法定労働時間枠外の特例(変形労働制、フレックスタイム制)

監修:李 哲海
グロービス講師
ヒューマン・キャピタル・コンサルティング 株式会社 代表取締役社長
アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、ベンチャー企業役員、マーサー・ヒューマンリソース・コンサルティング(現マーサー・ジャパン株式会社)プリンシパルを経て、組織・人材マネジメント領域に強みを持つマネジメント・コンサルティングファーム、ヒューマン・キャピタル・コンサルティング株式会社を設立、代表取締役に就任。
近年は、M&Aインテグレーション、トップ・マネジメント・リーダーシップ開発、人材開発・人事制度設計等に加え、組織・人材マネジメント戦略立案から変革の「伴走者」として組織変革の全プロセスをサポートするプロジェクト群をリード。
社会保険労務士、CFP(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER)

コース内容

  • 部下の労働時間を管理しよう
  • 残業時間にもルールがある
  • なんでも自由?裁量労働制(裁量労働のみなし制)とは
もっと見る

コメント

mayu_711
2019/02/26
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

部下の残業時間については悩みのタネであり、法制度について勉強になりました。

toru9012
2019/02/10
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

法廷労働時間、所定労働時間、36協定について整理することができた。

h-mikami
2019/03/23
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自社で採用されていない制度は全く知らなかったので勉強になりました。

もっと見る