ネットワークが接続されていません
初級

レイヤー構造

プラットフォームビジネスが生まれやすい業界構造である「レイヤー構造」について学ぶ

概要

このコースについて

2010年代から、GAFAをはじめとする、プラットフォームビジネスが台頭しています。プラットフォームビジネスは、どのような業界で生まれやすいのでしょうか。

本コースでは、プラットフォームビジネス誕生の兆候とも呼ばれる業界のレイヤー構造化について、その特徴と構造化が起こるメカニズム、企業の戦略上の課題などを学びます。

コース内容

  • 事例①-1:自動車部品メーカーの吉見さんと川野さん
  • レイヤー構造化とは
  • バリューチェーンとレイヤー構造の違い
  • 事例②:電子書籍
  • プラットフォームビジネスの誕生
  • プラットフォーマーの台頭
  • レイヤー構造化する産業における戦略課題
  • 事例①-2:吉見さんのその後
  • 留意点

こんな人におすすめ

・最近のビジネス潮流について学びたい方
・「プラットフォームビジネス」について理解を深めたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

daisuke1203
2021/02/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

商品やサービスを提供する企業側としては競合が多くなり、消費者側としては選択肢が膨大になりすぎて判断が難しくなるという負の面がある。
これからは、どれだけ物事をシンプルに表現できるか、余計なものを取り除くことができるかが重要になってくる気がする。

tadayuki631129
2021/02/01
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

「かつて、〇〇は、保険会社であった。」となるためには、選ばれ続けるレイヤーにならなくてはいけない。居て欲しい企業グループであり続けなくてはならない。

nao_1999
2021/06/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自動車業界で、自動運転やコネクティッドの領域は、レイヤー化が進む可能性があると思った。 コネクティッドの領域に関して日本では、各社が独自プラットフォームを提供するのをやめ、1社のシステムに統合しつつあるが、ここに海外プラットフォーマーが参入してくる可能性は十分にある。 また、車両情報を開示し、各種センサーの要求仕様の適合性があれば、自動運転アプリもレイヤー化すると思った。

もっと見る