ネットワークが接続されていません
初級

レイヤー構造

プラットフォームビジネスが生まれやすい業界構造である「レイヤー構造」について学ぶ

概要

このコースについて

2010年代から、GAFAをはじめとする、プラットフォームビジネスが台頭しています。プラットフォームビジネスは、どのような業界で生まれやすいのでしょうか。

本コースでは、プラットフォームビジネス誕生の兆候とも呼ばれる業界のレイヤー構造化について、その特徴と構造化が起こるメカニズム、企業の戦略上の課題などを学びます。

コース内容

  • 事例①-1:自動車部品メーカーの吉見さんと川野さん
  • レイヤー構造化とは
  • バリューチェーンとレイヤー構造の違い
  • 事例②:電子書籍
  • プラットフォームビジネスの誕生
  • プラットフォーマーの台頭
  • レイヤー構造化する産業における戦略課題
  • 事例①-2:吉見さんのその後
  • 留意点

こんな人におすすめ

・最近のビジネス潮流について学びたい方
・「プラットフォームビジネス」について理解を深めたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

tadayuki631129
2021/02/01
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

「かつて、〇〇は、保険会社であった。」となるためには、選ばれ続けるレイヤーにならなくてはいけない。居て欲しい企業グループであり続けなくてはならない。

jamcat1018
2021/02/28
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

実際に物を作っているメーカーよりも、各メーカーを紹介してユーザーと結びつけるプラットフォーマーの方が立場が上?
製品で事故がおきた場合はメーカーに製造責任が問われるけれど、プラットフォーマーには何も責任は無い?

bintang
2021/02/27
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

現在起こりつつある「レイヤー構造化」がわかりやすく解説されていて、大変勉強になりました。

もっと見る