ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

「AIの社会実装」最新事例と今後の課題~上野山勝也×田中仁×松尾豊×草野隆史

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第4部分科会T「日本がリードするAIの社会実装~日本のリアル企業が世界で勝つための方法論~」
(2019年2月9日開催/星野リゾート青森屋)

今やAIは世界各国の幅広い産業分野に取り込まれつつあり、特に米国と中国における進展は目覚ましく、官民一体となった社会実装が図られている。それは AIの社会実装を他国に先駆けて実現することが、国家や産業の行く末を決める鍵とみられているからだ。翻って日本では、政府はSociety5.0を掲げるものの、AIの利活用は先進的な一部の企業や先導的な産業分野にとどまり、社会一般への実用化には至っていない。しかし、AIの社会実装こそが日本が世界にリードし得るテーマであり、日本企業が世界で勝つための突破口となるのは間違いない。AIの社会実装を世界に先駆けて進めるために必要なことは何か。(肩書きは2019年2月9日登壇当時のもの)

上野山 勝也 株式会社PKSHA Technology 代表取締役 工学博士
田中 仁 株式会社ジンズ 代表取締役CEO/一般財団法人田中仁財団 代表理事
松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授
草野 隆史 株式会社ブレインパッド 代表取締役会長

コース内容

  • 「AIの社会実装」最新事例と今後の課題~上野山勝也×田中仁×松尾豊×草野隆史
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ryo_0520
2019/10/14
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

AIとは単に労働力の代替ではなく、それによって何が実現できるかを考えるという点で、人はさらに労働生産性を上げていくことが求められる。

shuyachin
2019/10/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

エレベータができて、ただ2Fに上がるためだけでなく高層ビルが生まれたようなパラダイムシフトがあったように、AIだからこそできる可能性を秘めている。
日本での新しい技術を使いにくい(抵抗感があるから?)ので海外から持ってくるしかない、という風潮を打破する必要性はあるだろうな、とも思う。

hiro_shindo
2020/09/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

私はメーカーに勤めているので「生産から販売までAIは活用できる」というコメントは確かにその通りと感じた。この講演から、AI実装の課題は以下2点になるのではないかと感じた。
・データを集められるか(いかに多くのデータを、いかに安価に溜めていけるか)
・AI活用を進めるプロセスの明確化(どこのプロセスの課題に着目してAI活用を図っていくか)
「データさえ集めれば」という言葉が多くあったように、「データを集める」こと、まずそこに壁があると考えている。あとは、闇雲にAI化ではなく、どこに注目してAI化なのか、という点を明確に決める必要があると感じている。
また、トップの意識、というのは確かにあるのではないかと感じている。一方で、いまデジタルに関して意識していないトップというのはほとんど存在しないであろうから、あとは実行力の問題のようにも思う。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています