ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

セグメンテーション・ターゲティング

標的市場を絞り込み費用対効果高くアプローチし、キャッシュを生み出す方法を学ぶ

概要

このコースについて

昨今、市場の成熟化に伴い、顧客ニーズが細分化され多様化しており、そうしたニーズすべてに応えることは現実的ではなくなっています。
セグメンテーション・ターゲティングは、標的市場の絞り込みや、自社の強みが活きそうな市場の見極め、限られた資源の分散度合いの検討などの場面に用いることができます。
これにより企業は費用対効果高く市場にアプローチし、キャッシュを生み出すことができます。

コース内容

  • セグメンテーション・ターゲティングとは
  • セグメンテーションの切り口
  • ターゲティングの評価基準(6R)
  • 事例:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • まとめ
  • 留意点

こんな人におすすめ

・マーケティングの基礎知識を学びたい方
・自社の強みが活きそうな市場を見極めたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

tomo8773
2019/02/19
メーカー マーケティング 一般社員

ターゲットを狭めると商品の提供価値は明確になるが売り上げが少なくなる。売り上げを最大化しようとターゲットを広げると商品の提供価値がぼやける。ここのバランスが非常に重要だと感じた。

start-up
2019/02/08
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

市場と顧客を同様に考えている会社が多く、一度視覚化する必要があると再認識した。
一人の顧客でも複数の個性があるというところも良い点だと思う。

u-suke
2019/01/24
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

6Rにおける市場規模は世の中にないセグメントのビジネスを検討する場合、算出が難しく、取扱いが難しいと思う。(ある前提条件において算出できるが、それをある程度確からしいことを第三者がポジティブに確認することが必要。)

もっと見る