ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

アフターデジタル時代における経営イシューとしての「UX」を議論する~藤井保文×舛田淳×室元隆志×青井浩

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2020
第4部 分科会 テクノベート「アフターデジタル時代における経営イシューとしての“体験”」
(2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校)

コロナを機にして、DXの機運が高まっている。「いまこそ、DXの目的は、顧客との新たな関係を構築すること」と、『アフターデジタル』の著者であるビービット藤井氏は語る。データ化できないオフライン行動がなくなり、リアル(オフライン)が完全にデジタル(オンライン)に包含されるアフターデジタル時代、全ての行動はデータになる。行動データが膨大に生まれる今、企業競争の焦点は、製品販売型から体験提供型に代わり、今だからこそ、UX(体験)を経営イシューの課題としてとらえる必要がある。アフターデジタル時代において、実際に組織全体で「体験品質」をどのように保っていくのか、CXOのような組織管理の必要性、DXとそれを促進する企業文化など、実例踏まえて討議する。(肩書きは2020年11月23日登壇当時のもの)

藤井 保文 株式会社ビービット 東アジア営業責任者
舛田 淳 LINE株式会社 取締役 CSMO (Chief Strategy & Marketing Officer)
室元 隆志 サントリーコミュニケーションズ株式会社 執行役員 デジタルマーケティング本部長
青井 浩 株式会社丸井グループ 代表取締役社長

コース内容

  • アフターデジタル時代における経営イシューとしての「UX」を議論する~藤井保文×舛田淳×室元隆志×青井浩
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kmrtshr
2022/04/23
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

共感を生むアクションの必要性に共感

ma2022
2022/02/20
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

無駄なデータを集めても、無駄の山ができるだけ。目的や提供したい価値が何か明確であることで、どのデータを見るべきか決まる。価値の再定義、組織への共有・浸透を図ることがアフターデジタルを迎えていく上で重要であることも感じた。

massapy
2022/01/30
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

顧客の体験価値を向上させていく重要な概念であろうと思いつつ、自社にどう落とし込むか、悶々としている中で、藤井さんのタクシーのお話は、なるほど、、と思いました。
また、オンラインとオフラインが、ある意味補完し合う関係という部分も、べたべたの建設業である当社のux戦略のヒントにもなりました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています