ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

アフターデジタル時代における経営イシューとしての「UX」を議論する~藤井保文×舛田淳×室元隆志×青井浩

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2020
第4部 分科会 テクノベート「アフターデジタル時代における経営イシューとしての“体験”」
(2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校)

コロナを機にして、DXの機運が高まっている。「いまこそ、DXの目的は、顧客との新たな関係を構築すること」と、『アフターデジタル』の著者であるビービット藤井氏は語る。データ化できないオフライン行動がなくなり、リアル(オフライン)が完全にデジタル(オンライン)に包含されるアフターデジタル時代、全ての行動はデータになる。行動データが膨大に生まれる今、企業競争の焦点は、製品販売型から体験提供型に代わり、今だからこそ、UX(体験)を経営イシューの課題としてとらえる必要がある。アフターデジタル時代において、実際に組織全体で「体験品質」をどのように保っていくのか、CXOのような組織管理の必要性、DXとそれを促進する企業文化など、実例踏まえて討議する。(肩書きは2020年11月23日登壇当時のもの)

藤井 保文 株式会社ビービット 東アジア営業責任者
舛田 淳 LINE株式会社 取締役 CSMO (Chief Strategy & Marketing Officer)
室元 隆志 サントリーコミュニケーションズ株式会社 執行役員 デジタルマーケティング本部長
青井 浩 株式会社丸井グループ 代表取締役社長

コース内容

  • アフターデジタル時代における経営イシューとしての「UX」を議論する~藤井保文×舛田淳×室元隆志×青井浩
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ayumu_ishikawa
2021/06/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

いろいろな企業でデジタル化が進んでいたりして、顧客に対してデジタル接点を設けたりしているが、点と点だと意味がなくて、顧客の一連の行動データを紐づけて線のデータでないと意味がない。というのはまさにその通りで、サービス提供を担っている従事者がその概念を理解してサービス提供を行えているか、そこが問題だと実感。

mach_t
2021/05/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

「なぜDXをやるのか。
自分の顧客は誰なのか。
顧客の課題解決に企業として提供できるモノ、サービスとは。」
これらを考えるヒントとなった。
フィジカルネイティブな業界に所属している現在、データを活用し顧客の課題を解決することを考えていきたい。

m_r_s
2021/05/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

世の中には、とにかくデジタル化すればいいという誤解が蔓延しているようにも思う。10年以上、デジタル化に取り組んでいるが、業務改革に取り組んでも、「そのデジタル化では意味がないんだよなぁ」「それでは、効果出ないよなぁ」というデジタル化も多い。この10年、多くの失敗も経験してきた。デジタル化が、まだまだ、魔法のように思われていて、「とにかくデジタル化すればなんとかなる」という輩も多すぎるのだ。いつの間にか、デジタルが目的になってしまって、本質を見誤っている若者は多い。
ユーザの本音を理解し、業務改革の本質に切り込んでいかなくてはならない。この10年以上、多くの場数を踏んできたが、実務的にやはり難しいと感じるシーンも多い。
このパネルでは、そういった実務上の悩みに対し、参考になるものだった。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています