ネットワークが接続されていません
horisanpo
2021/09/18
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

DXというとシステム開発が先行しがちですが、UXに立ち返り、それぞれの業態でのITソリューションのあり方を吟味のうえ、マイクロサービス化した構築がひとつあると。

h_ishikawa
2021/09/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

UXを意識した経営方針が必要だと思います

ayumu_ishikawa
2021/06/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

いろいろな企業でデジタル化が進んでいたりして、顧客に対してデジタル接点を設けたりしているが、点と点だと意味がなくて、顧客の一連の行動データを紐づけて線のデータでないと意味がない。というのはまさにその通りで、サービス提供を担っている従事者がその概念を理解してサービス提供を行えているか、そこが問題だと実感。

mach_t
2021/05/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

「なぜDXをやるのか。
自分の顧客は誰なのか。
顧客の課題解決に企業として提供できるモノ、サービスとは。」
これらを考えるヒントとなった。
フィジカルネイティブな業界に所属している現在、データを活用し顧客の課題を解決することを考えていきたい。

m_r_s
2021/05/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

世の中には、とにかくデジタル化すればいいという誤解が蔓延しているようにも思う。10年以上、デジタル化に取り組んでいるが、業務改革に取り組んでも、「そのデジタル化では意味がないんだよなぁ」「それでは、効果出ないよなぁ」というデジタル化も多い。この10年、多くの失敗も経験してきた。デジタル化が、まだまだ、魔法のように思われていて、「とにかくデジタル化すればなんとかなる」という輩も多すぎるのだ。いつの間にか、デジタルが目的になってしまって、本質を見誤っている若者は多い。
ユーザの本音を理解し、業務改革の本質に切り込んでいかなくてはならない。この10年以上、多くの場数を踏んできたが、実務的にやはり難しいと感じるシーンも多い。
このパネルでは、そういった実務上の悩みに対し、参考になるものだった。

sakuranohana
2021/05/15
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

これからはすべてがデジタル化する。
ということは「デジタル化(DX)」について、「手段が目的化している」と言っていたが、個人的にはナンセンスと思う。
「目的があって、手段がDXであるべき」ということかと思うが、私の意見は違う。
明確に「目的がDX」だ。ここに別の目的なんていらない。
「まずデジタル化しないとお話にならない」と私は思うのだ。
正直言って、「これって意味ある?」とかとやかく言っている場合じゃない。
すべてを、全部を速やかにデジタル化するんだ。
そうすれば新しく見えてくる世界があると思う。
実際に中国などでもそうなのではないだろうか。
とても目的があって、手段としてデジタル化をした、とは思えない。
それだけ目的を果たす部分だけのデジタル化であって、全体のデジタル化には遠く及ばない。
つまりすごくスケールが小さくなってしまうのだ。
たとえ大きな目的、大志があったとしても、デジタル化の規模が小さければ意味がない。
目の前の目的は達せられても、そこから派生した大きな展開、スケールがアップが望みにくいからだ。
こういう微妙な部分をどう汲み取って、経営戦略に活かすかは本当に難しい。
デジタル化と言っても状況は刻々と変化する。
今この状態で、3年後、5年後を見据えてどこまで投資をするか、人員をどうするかを大きな問題だ。
DXによって、社内の働き方は大きく変化し、今までの人員配置が成り立たないからだ。
とにかく未曾有の変化の時代。生き抜くにはこういう部分も追いかけて考え抜くしかない。

silver0809
2021/05/12
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

DXのインターフェースとして人間が介在する、という考え方はとても興味深く納得感があった。情報の出し手のリテラシーやモチベーションの格差を埋められるし、情報を精緻にスピーディーに活用する側にとってもメリットのあることだと思った。

sphsph
2021/05/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

色々なことができる時代になっています。
少し目線を変えるだけで世界が変わると改めて感じました。
アンテナをしっかり張って、未来を見据え、そして自分の芯をしっかり育てる。

g-june
2021/05/11
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

弊社の小売り事業においても役に立つ意見たくさんありました。

kfujimu_0630
2021/05/10
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

話に出ていたように行動データをどう使うかが企業戦略のポイントになってくると思った。また、データで溢れかえっているので、どれが必要なデータで何とどう組み合わせて価値を生んでいくか、そのような人材が必要不可欠だと思った。

akio_0223
2021/05/10
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

普段のあらゆる仕事が企業の目指す顧客たいけんのどこに貢献する仕事なのかを考えながらこなしていくことをまずは初めていきたい。

kaz4580
2021/05/10
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

①UXをどのようにとらえるか?
OmOの時代においては、顧客の導線をどのように構築し、OnとOffをスムーズに行き来することができるかを考えることが必要、そのUXの設計が今後はさらに重要度を増すこととなり、経営ISSUEとなる。
②データの使い方、見方をどうするか?
データもやみくもに取得しても意味がなく、目的としては、顧客にとっての利点が何か?をベースにデータ取得・活用しなければ結果も出ない。

otobe711
2021/05/09
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

オンラインとオフラインが融合することで、顧客行動データがとれるようになったため、顧客の困りごとがデータから見えてくる可能性がでるとともに、体験サービスを企画したあと、PoCを実施して、どこで顧客が離れたかもわかるようになり、次の打ち手が的確にとれるようになったことが、経営のイシューにDXがなってきた理由と理解しました。また、全ての企業がオンラインとオフライン双方の能力を持っているわけではないため、他社とコラボして、顧客体験をよくするサービスの構想をすることも有益だと理解しました。
一方で、顧客体験をよくすることからデザインせず、データエコシステムをつくる取り組みは失敗するとの話もあり、いかに顧客の現状の解像度をあげることができるか、得たデータは顧客に還元することが大前提で、取り組まないといけないことも理解しました。 学んだことを実践するうえでの課題は、ではその条件の中で、既存のモノづくり、PDCAの改善文化をどう変えることができ、どのような顧客体験を生み出せるかと思いました。そのうえでどのようなデータ構造をもったアプリを作るか、使ってもらえるようにするか(ポイントの還元もその一つ)がポイントと思いました。ありがとうございます。

tsutomu5
2021/05/09
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

OMOの発展性を改めて認識することが出来た。

takashiy0501
2021/05/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

製品接点が顧客と多い業種なので、もっと顧客のペインポイントを考えることができるはずだと思った。

sugiatsu
2021/05/09
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

大変よい気づきになりました。

bonjours
2021/05/08
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

DXであっても目的が大切ということをは痛感した。また、それぞれの会社の強み弱みを見極めて他社とコラボをしていくことが重要であることは、ベンダーと共同してプロジェクトを行う際に肝に銘じておきたい。

kenichiro_2021
2021/05/08
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

uxを考える様々な視点を垣間見る事ができました。デジタル戦略を社内外でどの様に活用していくかと言う点を確り練り、より精度を上げた検証を回していくべく、自身でもトライして行きたいと思いました。