ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

ウォーターフォールチャート

変化や構造を分解して視覚化する

概要

このコースについて

ビジネスの現場では、日々様々なデータを基に分析し判断することが多いでしょう。そのような時に、数ある手法の中でどのような手法を用いて分析すべきか、どのようなグラフで表現すべきか、といった悩みを抱くこともあるのではないでしょうか?

ここでは、複数の構成要素からなるものの内訳を階段状に、あたかも滝のように表現した棒グラフであるウォーターフォールチャートという手法を学びます。構成要素のうち、どの要素の占める割合が大きいのか、時間的な変化の要因のうち何が大きいのか、などを分かりやすく表現したい時に便利です。

コース内容

  • 今回学ぶ内容
  • ウォーターフォールチャートとは
  • 構成要素を示す他のグラフ〜ウォーターフォールチャートとの違い
  • ウォーターフォールチャートの特徴
  • 活用事例①:変化や構造の分析
  • 活用事例②:プロセスと組み合わせた分析
  • 留意点

こんな人におすすめ

・意思決定に役立つ分析ツールを知り、意思決定の精度を上げたい方
・データ分析の基礎的な知識を学びたい方
・複数の複雑な要素から成るデータを可視化して分析・説明したい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kami5
2019/09/26
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ウォータフォールチャートは今回、初めて学習しましたが、時系列の変化等の分析にとても有益だと感じました。

kirao
2019/11/05
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ウォーターフォールチャートを活用することで、負の値についても視覚化できることが理解できた。

gs51
2019/11/02
金融・不動産・建設 その他 一般社員

ウォーターフォールチャートは、売上高や利益など成果の変化・分析に大いに活用できる。分析要素の設定の巧拙が分析の質に関わるため、留意する必要がある。

もっと見る