ネットワークが接続されていません
k_salz
2021/03/28
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

地方のバス業界は,観光用などの貸切バスや高速バスの利益で赤字路線をなんとか支えてきたが,コロナ禍で一気に稼ぎ頭がなくなった。自由競争がサービスの質を高めるとはいえ,公共交通として地域を支えるという使命感だけでは,利用客が減る一方の地方交通事業は成立しない。それでも,果敢に取り組んでいく方々の話は前向きで,勇気が出る。
鉄道,バス,タクシーといった従来の交通事業者に加え,カーシェアリングや貨客混載といった輸送システムやファンテックを組み合わせ,多種多様なニーズや価値観を持った人を効率的に運べるMaaSに期待する。モビリティサービスに規制の多い日本だからこそ,民間と行政の役割を工夫することで,成長の余地は広がっていく市場だと思う。

weezer
2020/11/29
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

今後さらに増加する、自家用車の運転が不可能になった高齢者に対して、「安価なタクシー」というオプションを提供できれば、通院や買い物等が活性化し、地域の健康や経済に貢献することにつながると感じた。また、全国一律の規制緩和内容ではなく、地域や事業に応じた規制緩和の仕組みを考えることが必要なのだと理解した。

otobe711
2020/11/28
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

地方交通サービスの課題(サービス提供者の高齢化、人材不足、利用者の減少)を今回認識した。自分の住む地域も、公共交通機関が地域のバス(1時間に1本)しかなく、高齢化し、自家用車の運転ができなくなると、生活できなるなるのは目に見えている。その解決のため、気軽に利用できる公共交通サービスのニーズはこれから高まると思いました。両備交通のような、MaaSサービスは各地域で必要と思いました。

ruimasiko
2020/11/21
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

高齢者や、普通のタクシーに乗れない不自由な方も利用できるサービスの確立は簡単ではないが、ハイパーシティ構想の一つとして考えていたものの一つ。
地方と都市部、サービスがどう変わっていくのか注視したい。

tozaki3104
2022/06/11
商社・流通・小売・サービス 専門職 部長・ディレクター

地方交通の悩ましい問題と、今後への期待。利用者として待っているだけでなく、参加していかないと解決して行かない問題と感じました。ただ業界としての未来は明るいし、頼もしいとも感じました。

toshiyuki_chiba
2022/05/04
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 一般社員

で、交通革命は起きたんですかね。

kazuma_nakamura
2022/03/23
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

MARS以外でも需要と供給を繋げるマッチング(ラクスルの印刷する側と受け手側のマッチング等)が今後の重要なキーワードになると感じた。

mineken0316
2022/03/23
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

人だけではなく荷物のマッチング、公共交通機関を使った輸送との連動が出来ないだろうか。

a_u_
2022/03/15
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

地域交通を考えるのではなく、高齢化社会の中での生活と地域経済を考える中での担い手の一つであると理解した。

hiraji
2022/03/14
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 部長・ディレクター

規制が必要な業界での規制緩和による凋落をテクノロジーでどうばんかいしていくか、プラットフォームとセットで考えたい。

crimsontide
2022/03/08
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

テクノロジーが交通弱者を助けることができる

nokklh
2022/02/05
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

地方交通に関わる問題は年々深刻な状況であると思うが、物流についても同様の課題があると思う。
問題に対してテクノロジーが追いついていけるものなのか今後も関心が高いと感じた。

yaw_sakamoto
2022/02/03
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

大変参考になりました

yshino9104
2022/01/31
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

地方交通業界に係る事業者として、自ら新たなコンテンツを生み出す必要性を感じました

teru_oga
2022/01/23
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

交通業界の課題、産業構造、規制問題などの現状を知ることができた。競争と集中のバランスや、プライシングによる採算モデル構築、情報によるバルアフリーも大変興味深い内容でした。

kanai0524
2022/01/04
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

日本のあらゆる業界で問題となる人口減少。過去の人口増を前提とした収益モデルからの脱却、法整備、競争の仕方など、どうあるべきか考えさせられました。

maki1201
2021/12/27
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

規制緩和が大きなネックになっていると思った。規制緩和により企業の淘汰があるかもしれないが、加速する高齢化や人口減少には、規制緩和をして、競争する環境にしないと対応できないと思う。

blackcats
2021/12/27
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

公共交通機関の赤字経営の中でもやりようによっては活路が見いだせるしどの業界でもそのスタンスは通じるものがあると感じた。

hanoi
2021/12/20
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

直近の交通事業者の動向がよく分かりました。法規制との関連性もなるほどと思う点が多々ありました。

kagy
2021/12/15
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

MaaSというワードが世に出てから久しいが、GAFAや中国に比して遅れているのが現実。個々の企業や自治体の努力に頼るだけでは、いずれ淘汰されてしまうのは明白で、日本全体でのグランドデザインが必要だと感じました。

toshi57
2021/12/12
インフラ・公共・その他 その他 その他

起業間の競争で地域へ提供できることだけでなく、協調・共同してすべきことを行政と地域という軸で創造していかないと高齢化、環境問題等を解決できない難しさがあり、情報の活用は技術の進歩で解決できるがリアルなノード・リンクといったインフラの在り方を考える機会になりました。

ctm
2021/12/08
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

働き方が変わるようになってもっと働きたいと言う声は自社でもあるので業務量や処遇などと連動して改革をしていかないとダメだと感じた。

ryu_ta
2021/12/05
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

地方の生の話を聞く機会があまりなかったので、新鮮だった。状況的には、都会に比べてかなり厳しいなかでも活路があるという話に勇気づけられた。

t-soeda
2021/11/22
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

地方はそもそも人が減少しているから、高齢だからと先入観で思っていましたが、無料パス配布で経済が動いたり、地方で長距離を走るので利益の出るタクシー会社があるなど、聞けばなるほどと思う事例があり、座組含めてまだまだ検討の余地がたくさんあると感じました。

ysnr-s
2021/11/20
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

顧客のニーズ把握や事業領域の拡大を深耕させるための手を打ちながら、その対処方法をデジタルの視点で考えるのか、アナログの視点で考えるのかで様々な可能性が開けてくると感じた
交通業界だけでなくその他の業界にも共通する課題認識を持つことができた

akira_0503
2021/11/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 部長・ディレクター

運送業ドライバー不足は顕著になっていくが、自動運転車が普及するまではさすがにまだ時間がかかる。
この時間差をどう対処するかは悩みどころだが人材育成や荷台の連結や運行途中のヘッド交換など運用で工夫するしかないのかと感じます。

ytetsuya
2021/11/17
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

タクシー業界の乗車率アップについては、我々の営業獲得社数・面談率等アップに通ずるものがあると感じた。

kenichi-toya
2021/11/12
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

モビリティ革命について現状の把握と今後について少しだがわかった。

t_hirata
2021/11/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

サービスの提供側と利用側のミスマッチが思ったより大きく、利用側の事情を鑑みないとサービスは受け入れられないのだなとよく理解できた。
地方高齢の方向けのサービスではスマホのI/Fが使われなかったというのは、想像はできても実際の体験談として聞くと、とてもしみじみとした。
エンジニアは自分目線で考えがちなので、よくよく気をつける必要があると思いました。

norinorichan
2021/08/31
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

規制緩和というと、抵抗勢力がうじゃうじゃ出てきそうな気もするし、平均年齢60歳以上という業界に〇〇テックというものをテック業界のナラティブで進めても上手くいかないでしょう。何せ、需給の両サイドともにテックベースのサービスを理解していただく必要がありますから。

解決策として面白味には欠けますが、まずは全国一律規制ではなく、各地方運輸局長の実質裁量権(決裁権の分散という形式的なものでなく)を大きくして、地域の特殊性を考慮したバラつきを「あえて」造っていただくというのもあるでしょう。(県知事単位にすると県境をまたぐサービス提供者にとっては基準適用を頭に入れるのが難しくなる可能性あり。今回出演の両備さんはそれに該当)

グロービスで学んでいる方々には退屈なコメントかもしれませんが、

tomiyoshi
2021/05/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

農業の話でも感じたが、地域交通もスケールメリットは生かしにくく、地域性を考えて取り組む必要がある。
また、世代間でデジタル技術についての取っつきやすさや金銭的な価値観も異なるのでその点も考慮しなければならない。

makiko1729
2021/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

ウーバーは労働力を搾取している、日本の公共交通網は素晴らしい、という話も以前あったので、プラットフォーム化による効率化以外の、もしくは一方的にプラットフォーマーに利益が集中する形以外の良い解が得られることを期待する。

g-june
2021/04/01
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

当社の不動産モール事業において、いかに地域に根差し、環境も配慮したエコシステムの創造においてたくさんヒントをいただきました。

kfujimu_0630
2021/03/01
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

実家に帰ると地方の公共交通の現状を肌で感じる事ができる。思い出としてはこのままで良いのかもしれないが、実際に暮らしている人達は高齢化の波や人口減少に直面している。トヨタがスマートシティを静岡に作るというニュースがある。そこでの公共交通機関のあり方ややり方が参考になるかもしれない。いずれにせよ、このままでは衰退していくのみだと思ってしまった。

onoza_6290
2020/12/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

非常に面白かった。特に公共交通という「儲からない分野」においては、単にテクノロジーだけでは解決できない問題が大変多い事が良くわかった。テクノロジーベースでの改善を考えていたが、それ以外の部分にも目を向けていこうと思う。

dragon_f
2020/12/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国、行政の出遅れ感、新しい事をやり難い法体系の中で民が苦労している姿が目立った。
人が動ける事で地域活性が起こる事も分かってきているので、ユーザー側の移動に対するコストの考え方を変えてもらう事と、一極集中の解消が重要に思う。

eric
2020/12/04
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

移動が活発になると経済が回ると言うのは事実だと思う。
特に高齢者、障害者にとって移動の利便性を確保する事は
Maasの議論ではなく、社会保障の一部だと思う。
親族にタクシーが半額になる障害者がいるが、半額になっても
タクシーは殆ど使わず、徒歩圏内でしか活動していない。

hamatyo
2020/12/03
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

利用者も紋切り型で無く地域地域で様々な需要があると改めて感じ、またそこにチャンスも広がっている。需要を正確に掘り起こすことを大切にする必要がある。

sphsph
2020/12/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

できることはたくさんあって、それに向かった産官で議論していく。
パイの取り合いではなく、新たなニーズに応えたい。
仕事として成り立つ収益は必要だと思います。質が下がりますので、前に進めなくなる。
課題は山積ですが、明るい未来は見えてきている気がしました。

ssiwadate
2020/12/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

地方のモビリティは、提供側、受容側、共にニーズがあれば進化していくのでは、と、私は考えた。

schnittke
2020/11/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

タクシーのコールセンター業務は、会社問わず共通という点に着目しつつ、そこのインプリには泥臭い対応が必要なので、10~20年スパンでの事業展開を考えるというビジネスモデルは面白い。デマンドサイドのスタートアップが流行るなか、B2Bから入るビジネスモデルもあるはず(B2Bから入って、そこで得られた知見・データを、今度はデマンドサイドに転換する)。
あと、ディーディーが稼働率を上げた作戦は面白い。営業区を跨ぐと流しの客を捕まえられないなら、営業区を跨いだときには配車アプリで客とマッチングさせる。

kobuti
2020/11/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

安価な移動手段を提供する事で人の行動パターンが変わり、消費が増えるという実験結果が大変興味深かった。今後ますます高齢化が進む中で安価な移動手段と地域活性化をパッケージにしたサービスを実現する方法を考えようと思った。

kosei_333
2020/11/24
メーカー コンサルタント 部長・ディレクター

コロナ禍の影響で都市部の交通も安閑としていられない状況であり、日本としてどうするのかを考えていく必要がある。レンタルの自動車や自転車などすべての移動手段も含めて良い仕組みができることを期待したいです。

m-k
2020/11/23
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

新幹線の延伸などで幹線は便利になっても、枝葉の部分の交通網は未整備の地域が多い。担い手も少ない状況での事業継承が課題でしょうか。

mana77
2020/11/22
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

コロナ禍により、強いと言われていた都市部の交通インフラ企業も安心出来る状態ではなくなってきた。自動運転化等今後大きな変化が予想される。おそらく2極化していくのだろうが、人だから出来る事に力を入れる等、地域によって特色が出てくるのではないかと思う。フィンランドの話が出てきたが、鉄道、地下鉄、路面電車、バス、フェリーなどを利用し、確かにとても便利だったが、人口が少ない事もあり、不安になる位利用客が少なかった。国の財政も異なるため、日本はやはり日本に合った独自の発展をしていくのではないかと思う。