ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

どうして瀬戸内は世界ブランド「SETOUCHI」になれたのか?地域でリーダーがすべきこととは~石川康晴×福武英明×湯﨑英彦×末松弥奈子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第5部全体会「世界ブランドになったSETOUCHIで今リーダーたちは何を目指すのか」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

国際的に大きな影響力をもつ『National Geographic Traveller』(UK版)で、The Cool List 2019の1番目に日本で唯一瀬戸内が選定されるなど、「SETOUCHI」に世界から熱い視線が集まっている。そもそも、観光の父と呼ばれたイギリス人実業家トマス・クックが1872(明治5)年に瀬戸内海を訪れた際、その多島海景観が絶賛されている。その後近代化から取り残され過疎化が進んだ島々が、今アートやテクノロジーを起爆剤に復活を遂げたのだ。世界的なブランドとなったSETOUCHIで、リーダーたちが次に目指す指標とは。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

石川 康晴 株式会社ストライプインターナショナル オーナー
福武 英明 株式会社ベネッセホールディングス 取締役
湯崎 英彦 広島県知事
末松(神原) 弥奈子 株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長

コース内容

  • どうして瀬戸内は世界ブランド「SETOUCHI」になれたのか?地域でリーダーがすべきこととは~石川康晴×福武英明×湯﨑英彦×末松弥奈子
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/10/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

それぞれの地域が有している宝をしっかりと活用していくことが重要ということを再認識しました。また行政としては、どこまでが行政、どこからが民間ということをしっかり線引きし、任せたら、自身の責任で任せきるということが重要だと感じました。

1ryu1-0520-29
2020/11/17
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

セトウチブランドを日本の誇るエリアとするには、民間、行政との連携が必要であると共に、地域社会、プレイヤーとなる人を増やすことが求められると感じました。

satomiiii
2020/11/08
金融・不動産・建設 その他 一般社員

今リーダーシップについて勉強していますが、リーダーとして任せたのならあとは守る、というのは大切なリーダーのスタイルだと思いました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています