ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

VRアートが1,300万円で落札!NFTが創る、デジタルの未来~せきぐちあいみ氏(VRアーティスト)

※本動画は、企業経営でご活躍される方へのインタビューからポイントをまとめたものです。トレンドに沿った事例としてご視聴ください。

概要

このコースについて

2021年3月、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「OpenSea」のオークションで、VRアートが約1,300万円という高額で落札され、さまざまなメディアで大きな話題を呼んでいるVRアーティスト・せきぐちあいみ氏。2016年からVRアーティストとして活動している彼女が、誰も足を踏み入れていない業界へ挑戦した理由、これまでの活動を通して実現したい未来、そしてNFTが活況を呈すことによってもたらされる「デジタルの未来」とはどういったものなのか、等を語ります。NFTという言葉を理解したい方はもちろん、デジタルの未来について考える方・また新規事業を始めようと思っている方なども必見のインタビューです。(肩書きは2021年6月29日撮影当時のもの)

せきぐち あいみ VRアーティスト

コース内容

  • イントロダクション
  • 「VRアーティスト」になろうと思った経緯
  • 「VRアーティスト」として活動する意義
  • NFT(非代替性トークン)との出会いについて
  • NFTが話題になったことで実感したデジタルアートの新たな流れ
  • NFTがもたらす、デジタルの未来とは
  • 新たな事へ挑戦する方、NFTに興味を持った方へメッセージ
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

spincity
2021/08/08
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

NFTの内容からは外れてしまうのですが、最後の『「様子を見る」というのは何も生まない』というお言葉が、今の私に必要なことのように思えて刺さりました!どうしても慎重な性格なので、事前に情報を十分に収集してからとか、ある程度広まってきてから、というフォロワーに徹することが多いのですが、一旦よく分からなくても何でもスモールでスタートしておいて、違うと思ったら撤退すれば良いという考え方で行ってみようと思います。

shomachika
2021/08/07
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 一般社員

様子を見るからはなにも生まれない
まずやってみた経験から得られるものがある

興味をもったものは全力で取り組んでみる
いろいろやってみるのは器用貧乏じゃなくて将来的にはつながっていく

みんながやってるから、もうかりそうだから、ではなくて、
自分の強みをいかせそうだなとおもったらやってみる

sakuranohana
2021/08/12
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

アレコレ手を出しても、一つに絞らないと上手く行かないと言われた。しかしすべてに興味を持っていて、真剣に全部やっているのだから、文句を言われる筋合いはない。そして、色々と手を広げてやっていたから、今の
VRも上手くいっている。

本当に言っていることが正しいと思う。
流行っているから単に飛びついても、それは上手くいかないだろう。
NFTは間違いなくこれから来る。
そして世界は大きく変化する。
何せ「複製」という行為が、ほぼコストゼロだった世界を変えるからだ。
そういう意味ではアナログ時代は「複製」に大きな価値があった時代に回帰していくようだ。
ブロックチェーンによって、すべての取引が書き換え不可な台帳として保管されてしまえば、おそらく著作権の概念はまた新しい時代に合わせて変化をしていくだろう。
面白い!自分の固定観念を捨ててアップデートしていかないと相当にヤバイ。
一番に危ないのは変化しないことだ。
変化に対応出来なければ死ぬだけだ。
学んで頭の中身を更新していくしかない。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています