ネットワークが接続されていません
初級

キャッシュフロー計算書

企業の資金繰りと現金収支の状況を把握し、現金創出力を把握、評価する力を身につける

概要

このコースについて

財務諸表の要の1つであるキャッシュフロー計算書は、企業の活動を営業活動、投資活動、財務活動の3つに分け、それぞれについて各期の現金の増減を整理したものです。企業の営業成績のみならず、流動性(資金繰り)と現金収支の状況を把握する力を身につけます。
 

☆関連情報
フレームワークでニュースを読み解く、日経電子版の記事もぜひご覧ください。
「なぜ赤字のソフトバンクGが2.5兆円の自社株買い?」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59961680U0A600C2X12000/?n_cid=DSPRM5277

コース内容

  • キャッシュフロー計算書とは
  • キャッシュフロー計算書のしくみ
  • 営業CF
  • 投資CF
  • 財務CF
  • 財務3表のつながり
  • 実際にCF計算書をみてみましょう

こんな人におすすめ

・会社の財務諸表を読めるようになりたい方
・会計の基礎知識を身につけたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

y2001210m
2019/02/10
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

キャッシュフロー単体ではなくP/L、B/Sと連携して考えることが重要だと感じた

user-0839c0ca47
2019/07/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

損益計算書(会社の利益)、貸借対照表(会社のお金の使い方)、キャッシュフロー計算書(会社のお金の出入り)のそれぞれの特徴が把握できた。
会社の事業などによって、それぞれの様子が大きく異なることから、様々な会社の財務三表を見ることで、理解を深めていきたい。

suzukou0713
2020/11/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

このつながりから何を読み取るのか。
■財務3表
・損益計算書(P/L)
・貸借対照表(B/S)
・キャッシュフロー計算書
⇒つながり
 -PLとBS:損益計算書上の当期純利益の額が、貸借対照表上の純資産の部の「利益剰余金」という項目に蓄積されていく
 -BS:資産と負債はイコールになる
 -PLとCF計算書:PLの現預金とCFの現金および現金同等物の期末残高はイコールになる

もっと見る