ネットワークが接続されていません
初級

集団の発展段階

チームの発展段階に応じたマネジメントを理解する

概要

このコースについて

仕事においては、個人ではなく、チームを組んで進める場面が多くあります。チームの成果を1人ひとりの能力の合計よりも大きくするには、チームマネジメントが鍵を握ります。
集団の特徴と形成プロセスを表す「集団の発展段階」に応じて、リーダーがメンバーへ適切な働きかけを行うことで、集団は「チーム」として機能し、創出する成果が大きくなることが期待されます。

チームで働く方やチームマネジメントをする方には欠かせない、これらの考え方について学びましょう。

コース内容

  • 集団の発展段階
  • チームとは
  • チームはどのように作られるのか
  • チームを作るうえでのポイント
  • 桜井さんと営業企画課のその後
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・組織のマネジメントをする方、これからする可能性のある方
・チームで働く機会が多い方
・マネジメントに悩んでいる方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

jinji-yamaguchi
2021/07/05
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

タックマンモデルで最も大事なことは、Forming→Storming→Norming→Performing以前に、「バスに乗せる人間を間違えない(ビジョナリー・カンパニー)」ことであり、リーダーはもし価値観を共有しようとしない人間が、自分達のバスに紛れ込んでいた場合には、毅然として排除する勇気が必要である。それは組織というものは外部からの圧力にはチーム内で団結して対処しようとするが、内部の不協和音にはめっぽう弱く、いとも簡単に崩壊してしまうからだ。たしかにダメ人材を排除することで周囲からバッシングされることもあるが、そもそも組織のミッションを考えた時に、バリューを実践しようとしない人罪を放置しておくリーダーこそ職務怠慢であり、組織にとってのボトルネックなのである。

yama45
2020/12/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

集団とチームの違いを意識したことはなかったので、今後、この2つの言葉は明確に区別して使おうと思った。

y1854
2021/07/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

そもそも、個々のメンバーが高いモチベーションや問題意識を持っていなければ、激動期に議論をしたり衝突したりすることも出来ない。
この考え方は、ある程度レベルの高い集団にしか通用しないのではないか?
自組織で活かすのは難しいように思う。

もっと見る