ネットワークが接続されていません
実践知

マーケティングは愛〜「心」が分かるとモノが売れる編〜

概要

このコースについて

調査・分析して、フレームワークに当てはめて、成功するなら誰でもマーケターになれます。
しかし実際はそう簡単ではありません。
本当は人の「心」が重要です。そして、この人の「心」というのはなかなか分析できません。

本コースでは、グロービス経営大学院でマーケティング領域の講師も務める鹿毛氏に、人の「心」、すなわちインサイトの重要性と、インサイトを探る筋肉の鍛え方について、実例を交えながら語っていただきます。
ご自身の日頃の行動のインサイトも、顧客のインサイトを探るヒントになります。ぜひ今日の行動を振り返りながらご覧ください。

コース内容

  • コース紹介
  • 人の「心」を動かすものは?
  • 顕在意識と潜在意識について
  • 人の「心」を調査する
  • 「心」に触れる広告:コロナ(COVID-19)編
  • 「心」に触れる広告:東日本大震災編
  • インサイトの見つけ方

講師プロフィール

鹿毛 康司
株式会社かげこうじ事務所代表、クリエイティブディレクター、プロフェッショナルマーケター

お客様に喜んでもらってはじめて企業は存続できるという大前提で、徹底した顧客視点のマーケティングとコミュニケーション活動を支援。笑顔がひとつでも増える世の中づくりに貢献したいとの信念で活動。
雪印乳業を経て2003年にエステー株式会社に宣伝責任者として入社。2011年震災直後の「ミゲル少年と西川貴教の消臭力CM」で社会現象を巻き起こすなど、同社を日本有数のコミュニケーション力あふれる企業へと導いた。執行役を経て2020年6月事務所を設立。

<かげこうじの仕事>
MBA理論を基軸に先進のマーケティング手法を活用して生きたマーケティング戦略をつくりだす。一方で「人を動かす深層心理」を見出しCMなどのクリエイティブを自らプランニングする。急激に変化するネットメディアやSNSもとり入れて最大効果のコミュニケーションデザインを設計し実行する。エステー以外にも、雑貨メーカー、食品会社、塾、新聞社、テレビ局など幅広い業界を支援している。
(肩書きは2021年5月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

sphsph
2021/09/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

イメージは掴めました。
最後はセンスですよね、それを鍛えるには?
その気になったふりは出来ても本当かどうかは自信がありません。
もちろん、そんなそぶりは見せず、自信大ありのあるふりをしています。

henri
2021/09/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 一般社員

グロービスの講座100くらい受けた中で、ダントツで1番面白い。俺強い系小説やアニメが最近流行る理由がこの講座に詰まっていると感じた。

960004
2021/09/06
メーカー クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

①インサイト分析で、クリエイティブやコミュニケーション領域ではなく商品開発をした事例。(社内で求められなかったのか→宣伝部から商品部への異動)
②ファンではなく、社内・顧客含めて「アンチ」への対応をどうしていたのか
(比較的ファン軸での話が多かった→新規顧客を獲る)
③CMは話題になったが、売り上げは現状維持の時どうしていたのか。
(250GRP等、出稿量の少ない中、クリエイティブが必然的にインパクトCMになるケース)
④周りからも当然テレビCMを期待されるが、それを選択しなかったプロモーション例
⑤結果分析に使うコスト(そんなのがあったら1本でもCMを流すという姿勢)

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています