ネットワークが接続されていません
norinorichan
2021/05/27
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

他人のタイプ分けのみならず自らのカテゴリーも分析することが前提なら、エリンメイヤーの異文化理解の考え方を応用するのは面白いアプローチだと思いました。

ただし、彼女の主張はビジネスを円滑に進めていくために必要なアプローチであること、また、この分析手法は国別の傾向を示しているだけにとどまり人種等の細かな分析までされているわけでないことにも注意が必要です(林さんもダイバーシティ・マネージメントの講師をされているのだから、このあたりは解説できちんと言及すべきです)。

また、家族・親族関係では損得抜きの「感情論」が先走るような状況もあるでしょうから、この考え方を使うことで価値観の違いを浮き出すだけにならないように気をつけたいところです。

余談ですが、エリンメイヤー氏の「異文化理解力」(原書はThe Culture Map)は一度読んでみて損はない本だと思います。

kfujimu_0630
2021/06/06
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

異文化理解には、相手(人)を理解することから始めるのが重要だと学んだ。8つの指標のカルチャーマップは、各国の国民性がズバリ表れていると思ったが、その違いを理解し、人間関係を深めるには、相手の文化に則した行動をとり、違いに共感、共通点に共感することが良いと思った。

otobe711
2021/06/05
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

【義父母との関係をよくする」⇒そのため、「異文化理解力」を応用する。
すなわち、
 「同じ日本人、特に自分のパートナーの両親 だと思うと、我慢できない、なぜと思う」。
 「そもそも、自分の育った文化とは違う文化を持った方と考えるようにすれば、違いがあっても当然と思える。」
 「そしてその文化について理解しようとの立場に立てる。」
ということと理解しました。
 このアプローチは、義父母との関係だけではなく、全ての人間関係に応用できると思います。 ありがとうございます。

ruimasiko
2021/06/02
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

異文化理解力というと聞こえはいいが、お互いに歩み寄らなければ、どうにもならない部分もある。
ただ、価値観が同じ人はいないという前提で、考えて行動していく事も重要と感じる。

ringo-4649
2021/11/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 その他

勉強になりました。
お互いが気持ちよく過ごすには程よい距離感が必要だと思いました。

ma2022
2021/11/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

強調化効果が働くと相手の違いがより大きく感じてコンフリクトに発展してしまうことは経験からも理解できる。視座を高めて包括的な視点で観ることで再カテゴリー化を図ることを実践の中で活用してみたいと思った。

matsumoto_no-02
2021/10/29
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

環境の違いは、異文化だと自分言い聞かせ、慣れていくよう対処する

sawa21
2021/08/11
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

業務をする上で、どうしても他部署とぶつってしまうことがありますが、包括的な目線で見て解決策を探っていきたいと思いました。また自分がどういうことを気にするのかの8つのカテゴリーを改めて考えてみたいと思います。

newone
2021/08/01
メーカー 資材・購買・物流 その他

日本人とひとくくりできないが、海外の人に例えることはなじみやすいことを自覚した。バイアスが邪魔するときに応用できる。

nao505
2021/07/24
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

義母と一緒に暮らす私としてはもってこいのテーマでした!育った環境が違うのだから外国人に対するスタンスで、相手ならばどうする?考える?と立場を変えて考える。合わせる事自体不可能なのだから、補完関係を築けるよう少しずつやって行きます!

eriyama
2021/07/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

同意見です。
夫の親族は所詮、他人で生まれも育ちも違う訳ですから、海外とはいわずとも
異文化交流をはかる前提で接しなければ、うまくいきません。

czko
2021/07/11
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

昨今組織では多様性を生かすことを重要視するようになってきています。違うことにばかり目を向けがちだが、良いことに目を向ける、というのは通常の人間関係にも大いに役立ちます

since20191227
2021/07/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

相手と自分のOSの違いを見える化し、相互に補完すれば強い組織になる。そのために、多様性が重要なのだと思いました。
カルチャーマップ:各国の文化を8つの指標で測定し可視化
①コミュニケーション:ハイコンテクスト(日本)/ローコンテクスト(米)
②ネガティブフィードバック:直接的(ロシア、イスラエル)/婉曲的(日)
③説得順番:原理優先(伊、仏)/応用優先型(米・加)
④人をリードするスタイル:平等主義(蘭・スウェーデン)/階層主義(日・韓)
⑤決断スタイル:合意(日本)/トップダウン(中国)
⑥信頼:タスクベース(米)/関係性(印・サウジ)
⑦見解の違いへの対応:対立型(イスラエル・仏)/対立回避型(日・タイ)
⑧時間や計画:直線型(独・スイス)/柔軟型(印・サウジ)

sirasato
2021/06/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ストレスを感じる相手に対してもカルチャーマップで分解して可視化することにより、落ち着いて客観的に分析できることによりポジティブシンキングになり、結局は自分が損をしない、得をすることになると思った。

cocococo
2021/06/26
金融・不動産・建設 営業 一般社員

コミュニケーションにおいて、相手と自分とも知ることは大切ですね。
勉強になりました。ありがとうございました!

tmon
2021/06/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

異文化理解力、カルチャーマップを学ぶにあたっても教える人によって受け手の捉え方も変わってくる。一つのことを学びたいと思った時は、いろいろなコンテンツから多角的な視点で学びたいと感じた。

ryo_murakami
2021/06/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分がズボラなので、几帳面な人には気を遣って疲れてしまいますね。それでも不満を持たれていそうで…難しいです。

nj_kr
2021/06/01
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

まさに同居でそれを実践中です。経験的に300km離れたところは国内だろうと外国くらい価値観が違うと思います。私は物事をハッキリ言うタイプ。婉曲的な表現は品があるなぁと学ぶ毎日です。

ishida_m
2021/05/30
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

世代が違う場合にも有効に使える考え方だと思いました。
関係者の価値観、特徴を知ることで円滑に進めることが出来る事もたくさんあると思うので理解して使用していきたいと思いました。

sumire0006
2021/05/28
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ダイバーシティでは、となりの人と違うことは当たり前である以上に、
違うことが強みであることを理解し、その中でも共通点を見つけ出して、
乗り越えて行きたいです。

sphsph
2021/05/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

面白い解釈でした。
なかなか受け入れにくいところもありますが、割り切るかやめるか決めないとストレスでつぶれてしまいます。

daddyveroo
2021/05/26
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

異文化理解力と聞くと、外国人と自分との間の文化の違いをどのように捉えて対処していくか、を真っ先に考えますが、同じ日本人でも違う環境で育ってきた人とどのように関係を構築していくか、といったことにも使うことのできる考え方であることに、目からうろこが落ちる思いでした。義父母だけでなく、上司部下など世代の異なる人たちとの考え方や行動の違いを理解し、お互い歩み寄るためのツールにできそうです。