ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

損益分岐点分析

費用構造を理解し、利益目標を実現するのに必要な売上高を知る

概要

このコースについて

損益分岐点分析とは、損失と利益が分岐する点、つまり、ビジネスにおいてどれくらい売上を上げれば利益が出るのか、言いかえればどれくらい売上を上げないと赤字になってしまうのかを見極める分析のことです。

費用構造を理解することで、利益目標を実現する上で必要な売上高を求めたり、価格設定やコストダウン施策のヒントにすることができます。

※2019年8月、一部内容をリニューアルいたしました。
旧版でコースを修了している場合、本コースは未視聴・未修了の状態となります。
旧版の修了証はマイページの「学習の履歴」より引き続き発行いただけます。

コース内容

  • 損益分岐点分析とは
  • 費用をわけてみましょう
  • 限界利益とは
  • 限界利益と固定費の関係
  • 損益分岐点売上高の求め方
  • 事例で確認①
  • 事例で確認②
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・事業の利益目標を決めたい方
・事業の費用構造を理解したい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shinji0708
2019/11/11
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

説明が、とてもわかりやすかったです。

rxsato
2019/11/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

損益分岐点は、利益が出る売上高と分かっていながら、計算で出そうとするとつまづいてしまう。固定費と変動費と限界利益をグラフを使って説明していただいたので、よく理解できた。目に焼き付けたので、もう忘れないでしょう。

takap79
2019/11/08
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

よく上司が限界利益で固定費を賄えないという表現をしていたが、改めてその意図するところが理解できた。

もっと見る