ネットワークが接続されていません
初級

金銭の時間的価値

ファイナンスの基礎となる概念の一つである「金銭の時間的価値」を理解する

概要

このコースについて

「金銭の時間的価値」は、株価、資産、企業価値の評価や、身近なところでは資産運用や不動産投資といった場面にも関わる重要な考え方です。ファイナンスの基礎となる概念を理解しておきましょう。

コース内容

  • 金銭の時間的価値
  • 田村さんの意図は?
  • 金銭の時間的価値とは
  • 具体的に計算してみると?
  • 現在価値と割引率
  • 事例:田村さんの場合(割引率5%)
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・ファイナンスの基本的な知識を学びたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/03/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

考え方は非常にわかりやすく、会社の場合は利率が利益率に相当すると、考えればしっくりくる。
一方で、個人の場合を考えてみると、銀行の利率が基準ではあまりしっくりこない。銀行の利率の影響よりも「欲しいものを今すぐ買える」という機会損失のほうが大きいからだと思う。そういう意味では、住宅の購入などの際に銀行のローンの利率がどのくらいまでなら許容できるか、といった面から考えてみるのもおもしろいように思う。

xxxxxx
2020/06/02
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

ここでは複利の話をメインで書かれていますが、
PL、BS、CFの流れで行くと、キャッシュができるだけ早く手に入ることで、事業への投資(BS)が行われ、それによってより早く利益(PL)を生み出すことができる。
こうした機会損失の可能性があるから、現在のキャッシュは将来得られるキャッシュよりも価値があるとも考えられますね。
売掛金の回収を早め、買掛金の支払いを遅らせるのも現在のキャッシュには価値があるという考えから来ているということがわかりました。

cozyhayakawa
2020/04/25
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

利子率があることが前提。
割引率は遡りの利子率の逆転の考え方。
現在価値を将来得られるキャッシュから遡って評価するか、
現在価値から評価するか。

もっと見る