ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

時代を超えた真の「サステナブル経営」とは何かを議論する~出雲充×昆政彦×田瀬和夫×松山大耕×鎌田英治

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2020
第5部 分科会 社会・文化「コロナ・DX/AIを超越する経営の持続性と普遍性を考える」
(2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校)

DX/AIなどの破壊的イノベーションの波が押し寄せ、新次元の挑戦は不可避だ。コロナ禍に伴い生活様式、社会通念など、あらゆる面の「常態」が書き換わっている。社会と共存したサスティナブルな経済成長が必須なのは、既に社会的コンセンサスだろう。こうした中、求められる経営はどのようなものか。「経済価値と社会価値の同時追求」「企業と個人双方のWell-being」「多様性の包摂」「個と個の繋がり」といったキーワードに通底する「AND」の考え方を紐解きつつ、時代を超えた経営の持続性と普遍性はなにかについて討議する。(肩書きは2020年11月23日登壇当時のもの)

出雲 充 株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
昆 政彦 スリーエム ジャパン株式会社 代表取締役社長/グロービス経営大学院 教員
田瀬 和夫 SDGパートナーズ 代表取締役 CEO
松山 大耕 臨済宗 大本山妙心寺 退蔵院 副住職
鎌田 英治 株式会社グロービス マネジング・ディレクター/知命社中 代表

コース内容

  • 時代を超えた真の「サステナブル経営」とは何かを議論する~出雲充×昆政彦×田瀬和夫×松山大耕×鎌田英治
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

test_
2021/07/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

まだ明確な答えは出てはいないし、明確に何をKPIとして取り組むべきかもわかっていない。それでも2025年までに何らかの答えを出して、取り組みを始めていかなければ、市場を退場させられてしまうぐらいインパクトがある話。状況の進捗、緊急性を学びました。

btree
2021/07/03
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ユニバーサルバリュー、マジックナンバー、コモンセンス、最先端の方々の今まさに考えておられる知見に触れることができ大変参考となった。自分は金融業界ですが、経済と社会両面の価値を探る、もっというと社内の価値を追求する中で経済価値の接点を探す、という本日のテーマについては、一見的には社会的に経済を支えきた過去の自負で経営してしまっていることを認識し、変わらないといけない危機意識を強く持った。一つの例として、感動を追求することが社会価値を上げ、そして経済価値も上げるディズニーの例が挙げられた。必ずその接点となる特異点は存在すると考え、2025年までに価値転換を図りたいと感じた。

massive_data
2021/09/24
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

売上を伸ばし利益を出して、持続可能性を伸ばす。
数値化し、誰にでも企業活動を見える化することが大事だと思う。
どこまで可能なのか様々な議論があるが、もっともっと日本は追いつき追い越すために議論をして推し進めて行くべきだと思う。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています