ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

現状維持バイアス

考え方の偏りを認識し変化を伴う選択に対処する

概要

このコースについて

これまでのやり方を変えなくてはならない時、また何かを手放さなければならない時など変化に直面した際に、よほど強い動機がない限りは「今のままが良いかもしれない」といった躊躇する気持ちや、漠然とした不安を感じることはありませんか?

このコースでは、現状維持を望む人間の考え方の傾向である「現状維持バイアス」について紹介します。こうしたバイアスから完全に逃れるのは難しいものですが、そのメカニズムを理解することで、より良い選択ができるように学んでいきましょう。

コース内容

  • こんな方にオススメ
  • 現状維持バイアス
  • 現状維持バイアスとは
  • 現状維持バイアスのメカニズム
  • 授かり効果(保有効果)
  • 損失回避
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・考え方の偏りを知り、その対処法について学びたい方
・人の意識や組織変革を進める立場にある方
・変化することを不安に思いがちな方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yusuke_17
2019/04/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

現状維持バイアスは駄目だといって、なんでもかんでも改革する、そして改悪する人への対処も知りたいですね。こんな考えも、人によっては現状維持バイアスにみえてしまうのでしょうけど。
難しいですね。

yuki-35
2019/07/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

今、部内の業務効率化を中心メンバーとして実行しようとしている。
しかし実際の細かい事務をしているのは長年同じ場所で働いているパートさんも多く、そこには強い現状維持バイアスがある。(新しいことを今さら覚えるのは不安。この仕事のおかげで私は一日5時間つぶせるのに、それがボタン一つで完了するなんて、私は不要になるの?いまさら他の仕事なんて覚えられない、等。)

このようなパートさんをいかに説得させるかが非常に難しい。現状維持のデメリットを示すというのが切り口になると思うが、管理する側としてのデメリットは簡単に挙げられる(人件費が嵩む、残業が増える、他の大事な仕事に時間をさけない等)一方、パートさんにとってのデメリットが全く思いつかない。

もし良い意見があれば、ご教示いただきたいです。

hidetaka13
2019/08/15
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

yuki-35さんのご意見、非常に共感します。
往々にしてそういう方の仕事は、新しい担当者に引き継ぐときに非常に労力がかかったり、負の遺産が残ったりします。(当社の場合)
・現状の仕事の負担を減らし、新たな仕事を創ることに価値があること
・新たな仕事を覚えることで自身のキャリアアップ、能力開発につながること
を理解して頂く必要があるのかなと思っています。
業務のローテーションや、可能であれば部署異動を行い、環境を変えて仕事の意義、面白さを感じてもらうことや、そういった人に着いてしまっている仕事を剥がすこと、が一つの対策でしょうか。
と偉そうなこと言いつつ、難しい問題ですよね。

もっと見る