ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

幸福度の高い組織をつくるには「1日の終え方」「雑談」「信頼」を大切にしよう!これからの企業に必要な「Well-being(ウェルビーイング)」とは?

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

FMセミナー「幸せと経営」
(2019年9月18日開催/グロービス経営大学院 東京校)

「人がよりよく生きる(Well-being)とは何か」について企業や大学と学際的研究を行う石川善樹氏と、日立製作所でハピネスの定量化を研究する矢野和男氏と共に、「幸せと経営」というテーマで、経営者・起業家の葛藤や従業員の幸せの課題にどう向き合っていくべきかを議論する。(肩書きは2019年9月16日登壇当時のもの)

石川 善樹 公益財団法人 Well-being for Planet Earth 代表理事/株式会社Campus for H 共同創業者
矢野 和男 株式会社日立製作所 フェロー、理事 兼 未来投資本部ハピネスプロジェクトリーダー/博士(工学)/IEEE Fellow/東京工業大学 情報理工学院 特定教授
堀 義人 グロービス経営大学院 学長 グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

コース内容

  • 幸福度の高い組織をつくるには「1日の終え方」「雑談」「信頼」を大切にしよう!これからの企業に必要な「Well-being(ウェルビーイング)」とは?
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

miyamanishiki
2020/04/12
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

非常に興味深い内容であった。会社においても、顧客満足度は重視するが従業員幸福度を真剣に考えているところは少数ではないかと思う。幸福というものが属人的なものというよりは周囲との関係性ということも腑に落ちた。そうするとコロナウイルス感染予防で導入が急ピッチで進んでいる在宅勤務も基本としてではなく補助的な手段として考えるのが適当であろう。「揺らぎ」に包まれると幸福を感じるというのも経験的に理解できる。言語比較で幸福感の地域差が分かるというお話も興味深かった。

makahi
2020/04/13
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

日常業務のなかでも「たしかにあてはまるなぁ」という話が多く
気づきがおおくあった。
工場生産モデルでは日本が生き残っていけないとも感じた。

taki2
2020/04/12
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

生産性の高いよい組織とは,人と人との関わりの中で,互いに尊重した上で
①1日の終わりに「印象に残ったことを振り返る」
②雑談をして笑う
③人として尊重し(敬意を持って接し),信頼関係を築く
ことが大切であることがわかった。

もっと見る