ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

デザインシンキング

デザインシンキングで創造性を経営に活かす

00:12:520/14

概要

このコースについて

「デザインシンキング」や「デザイン思考」という言葉を聞いたことはありますか?

デザインシンキングとは、創造性を経営に反映させるための方法論の一つです。

このコースでは、いまデザインシンキングが注目されている理由から、その具体的なステップ、適用事例までを紹介しています。
どのような特徴があり、どんな点に留意して実践するとよいのかを知って、イノベーションにつなげていきましょう。

コース内容

  • こんな方にオススメ
  • デザインシンキングとは
  • 人間中心設計とは
  • デザインシンキングが注目される理由
  • デザインシンキングの5ステップ
  • ステップ1:Empathize(共感)~深いニーズを知る~
  • ステップ2:Define(問題定義)~問題点とゴールを定める~
  • ステップ3:Ideate(発想)~アイデアを生み出す~
  • ステップ4:Prototype(試作)~アイデアを形にする~
  • ステップ5:Test(検証)~アイデアを評価する~
  • 5ステップのポイント
  • 事例1:iPhone~人々のニーズと身体性から再定義された携帯電話~
  • 事例2:エキナカ~観察によって再定義された駅~
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

knk0605
2019/02/20
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 一般社員

共感から始めるは、分かっているようで分かっていなかった。大げさな分析ではなく、日常からの小さな気づきでも、ビジネスにできるのだと、感じた。

santaku
2019/02/27
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

大変面白い視点だと感じました。
人を中心とした考えた方がニーズに直結出来、効果が大きい事を学ぶことが出来ました。

k-hikone
2019/02/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

組織改革をする際にも使える思考法だと思いました。

もっと見る