ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

サイエンス、イノベーション、日本が取るべき「テクノロジー戦略」~北野宏明×西村康稔×山中伸弥×鈴木寛

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2018
第11部全体会「G1がつくる日本の未来~日本がとるべきテクノロジー戦略とは」
(2018年2月12日開催/沖縄万国津梁館)

さまざまなテクノロジーの融合が一層進むクロステックによる革命は、人々の生活、産業、社会そして地球環境をも劇的に変えていく。これからの世界において日本が取り残されないためには、次の世界をつくるテクノロジーに集中投資し、変革を先取りしていくことが必要だ。日本が世界に勝つための方策と行動を議論する。(肩書きは2018年2月12日登壇当時のもの)

西村 康稔 内閣官房副長官 衆議院議員
山中 伸弥 京都大学 教授 iPS細胞研究所 所長
北野 宏明 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長、工学博士
鈴木 寛 東京大学 教授/慶應義塾大学 教授/文部科学大臣補佐官

コース内容

  • サイエンス、イノベーション、日本が取るべき「テクノロジー戦略」~北野宏明×西村康稔×山中伸弥×鈴木寛
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2019/03/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

いろいろな気づきがあった。印象的だったのはDeep Learningを新しいすり合わせと例えたところと知識を生み出すAIを産み出したところが勝者(他は地獄)といったところ。

user-fbc1ea74cc
2019/03/23
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

弊社は外国人経営層を入れた結果、日本人との軋轢が問題なり、外国人を淘汰してきた歴史があります。一方で、グローバル企業を名乗っている矛盾があり、葛藤があります。外国人が日本企業で働けるインフラ面もさることながら、日本人の島国メンタリティを変えない限り、この状況は変わらないものと考えます。

knhk
2019/11/28
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

寛容性。言うは簡単だけど、日本は寛容性がない。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています