ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

AIとビッグデータを活用した「デジタル戦略」「サステイナビリティ」〜川邊健太郎×住隆幸×松尾豊×島田太郎

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第6部分科会A「AIとビッグデータによる戦略的サステイナビリティの実現」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

AIやIoT、ロボティクス等に代表されるデジタルテクノロジーの進展により、多種類・高品質なデータの収集・保有・活用が競争力の源泉として益々注目され、サステイナブルな成長の実現をもたらす鍵となるだろう。日本においては、流通、フィンテック、インシュアテック、健康、医療、走行データ、工場設備の稼働データといった高品質な「リアルデータ」には強みがあり、その利活用については、制度設備を急げばグローバルにおいても競争優位性をもたらす可能性がある。戦略的にAIやビッグデータをいかに活用し、次の成長にむけてデジタル戦略に取り組んでいくのかを、実際の事例もふまえて議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

川邊 健太郎 Zホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO/ヤフー株式会社 代表取締役社長 CEO/ソフトバンク株式会社 取締役
住 隆幸 東京海上ホールディングス株式会社 事業戦略部部長 兼 Global Head of Tokio Marine Innovation Lab
松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授
島田 太郎 株式会社 東芝 執行役常務 最高デジタル責任者

コース内容

  • AIとビッグデータを活用した「デジタル戦略」「サステイナビリティ」〜川邊健太郎×住隆幸×松尾豊×島田太郎
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yuki_0719
2020/08/23
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

ディープラーニングでデータを蓄積すればするほど予想確度が高まり企業の競争力確保に繋がることが分かった。またその速度、利用方法は複利的に拡大していくということであれば、企業はできるだけ早く取り組み業界の先陣をきっていくことが自社の競争力優位に繋がるのではないかと思った。人間は判断すること、想像力、対面力を養うことが重要との考えもよく理解できる。

otobe711
2020/08/22
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

データコマース、保険会社とAIの専門家による最先端の議論を聞くことができ、今後の世の中の方向性の理解が深まった。
質問に立った企業の関心事も含め、一企業のCSR・デジタル戦略の枠を超えて、社会として、防災・減災に取り組むひつようがあること、そのためにはものの情報が取れるようにセンサーが多数設置中であり、IOTとそのビックデータを集めAI分析を自動で取り入れることで、災害予想情報が精度よく提供できるようになること。その方向で各社が協業していることを知った。

一方で、人間の理解できることには限界があるが、自然界には、人間が理解できないが一つのロジック体系となっている分野、例えば量子力学と、化学の分野があり、人間は理解できないが、AIはそれを理解でき新たな提案や自動で設定変更をする世界が近い未来に実現する(松尾先生)とのこと。人間は人間にしかできないこと、判断、意思決定(川邊)、感情がある対人業務(住)にシフトするとのことだが、最後はそれもAIにコントロールされるようになる?のかとおもわれた。
<以下印象にのこったこと>
 ・異常気象が続く中、ビックデータをAI分析することで、隠れ集合場所などをみつけることで防災・減災の取り組みができること(川邊)
 ・保険会社のリスク分析と商品開発の業務が、実はビックデータ解析と親和性があること、アクチュアリとAIをつかったデータアナリストの仕事も似ていること、今後Phthonを勉強していると役に立つこと(住)。
 ・ビックデータをAIで分析することで、パラメータが多くあり、人では予想できない、また、判断できないようになっており、リアルタイムのフィードバックをもらい、ABテストをすることで、意思決定、政策決定する企業だけが生き残れること(松尾)
・人の理解できるパラメータは少数で、その単位で学問体系ができているが、自然界では人間には理解できないが、1つの生態系のロジックがあり、AIを使うとそれをみつけられるようになること(松尾)

milano2021
2020/08/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人間は単純なものしか理解できない。けど、実は、すべてが絡み合っていて、ちょう~複雑になっているというお話がインパクトがありました。実際、研究していて、そこに起こっている現象を理解するのに、苦労することからもそうだろうなと共感できます。 
そう考えるとAIに勝てなくなるのでは?と考えてしまいますね。 物事の先の先の先の先の先を推測して、何かを仕掛けられたらどうなるのかな? 使い方次第でいろいろなことが起こりそうですね。 
後、ITと環境と一見関係がなさそうに感じていたが、仕組みから考えると意外と負荷を与えているのですね。  AIに興味があります。教えてもらいたいですね。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています