ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

AIとビッグデータを活用した「デジタル戦略」「サステイナビリティ」〜川邊健太郎×住隆幸×松尾豊×島田太郎

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第6部分科会A「AIとビッグデータによる戦略的サステイナビリティの実現」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

AIやIoT、ロボティクス等に代表されるデジタルテクノロジーの進展により、多種類・高品質なデータの収集・保有・活用が競争力の源泉として益々注目され、サステイナブルな成長の実現をもたらす鍵となるだろう。日本においては、流通、フィンテック、インシュアテック、健康、医療、走行データ、工場設備の稼働データといった高品質な「リアルデータ」には強みがあり、その利活用については、制度設備を急げばグローバルにおいても競争優位性をもたらす可能性がある。戦略的にAIやビッグデータをいかに活用し、次の成長にむけてデジタル戦略に取り組んでいくのかを、実際の事例もふまえて議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

川邊 健太郎 Zホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO/ヤフー株式会社 代表取締役社長 CEO/ソフトバンク株式会社 取締役
住 隆幸 東京海上ホールディングス株式会社 事業戦略部部長 兼 Global Head of Tokio Marine Innovation Lab
松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授
島田 太郎 株式会社 東芝 執行役常務 最高デジタル責任者

コース内容

  • AIとビッグデータを活用した「デジタル戦略」「サステイナビリティ」〜川邊健太郎×住隆幸×松尾豊×島田太郎
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yuki_0719
2020/08/23
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

ディープラーニングでデータを蓄積すればするほど予想確度が高まり企業の競争力確保に繋がることが分かった。またその速度、利用方法は複利的に拡大していくということであれば、企業はできるだけ早く取り組み業界の先陣をきっていくことが自社の競争力優位に繋がるのではないかと思った。人間は判断すること、想像力、対面力を養うことが重要との考えもよく理解できる。

shu-he-
2020/08/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

AIというソフトウェアが進歩すると逆説的だが、データの重要性がより高まっていくというように感じた。特に環境面でのサステナブルということを考えた際にはリアルな世界とのインターフェースであるセンシング技術の重要性が今後より重要になるように感じた。
また政策を如何に最適化していくべきか、という議論は非常に興味深かった。疑似的にでも実際に政策を試し、比較し、最適化していく、そんな仕組みはいずれでてくるのだろうか。

gs51
2020/08/22
金融・不動産・建設 その他 一般社員

デジタルテクノロジーの進展が様々な分野で加速度的に進んでいる状況および今後のさらなる拡大を肌で感じられた。コロナ禍により身近でもデジタルツールの一層の導入・仕事のやり方や内容の見直しも確実に進められており、「人間にしかできないこと」にも常に思いを巡らせ取り込みたい。松尾先生のお話にあった「AIによる人間には理解できない数千万~数億のパラメータでのモデル化・予測できる事象の存在」は、衝撃的だった。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています