ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

地政学リスクに対する企業の危機管理法~田村耕太郎×三原康弘×山田正明×神保謙

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2018
第5部分科会B「地政学リスクと企業経営~危機管理とレジリエンス確保~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

外交問題など世界の政治や経済の状況が大きく動く時代において、グローバルにビジネスを展開する日本企業は、地政学リスクを予測しながら、先手を打つ企業経営が求められている。各国の政治的課題、外交問題、時事問題が及ぼすリスクの可能性をふまえ、平時の危機管理とはどうあるべきか。万が一の事態が発生した際、いかに迅速にしなやかに対応するべきか。国際情勢の分析、企業の取り組み事例もふまえ、危機管理とレジリエンス確保のあり方を議論する。(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)

田村 耕太郎 ミルケンインスティテュート アジアフェロー/国立シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院 兼任教授
三原 康弘 長瀬産業株式会社 執行役員スペシャリティケミカル事業部長
山田 正明 株式会社国際協力銀行 常務執行役員 資源ファイナンス部門長
神保 謙 慶應義塾大学 総合政策学部 教授

コース内容

  • 地政学リスクに対する企業の危機管理法~田村耕太郎×三原康弘×山田正明×神保謙
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

masakeita9
2019/10/03
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

国民全てがこういった知識の最低レベルを持つこと。
持てば我が国の創造力クリエイティビティは確実に上がることが想像できる。

user-b7da722d50
2020/04/11
  

非常に興味深く、現在でも勉強になる視点、考え方が多くあった。ぜひ、毎年実施してアップデートしてほしい。

fujikami
2021/09/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

数年前のディスカッションではありましたが興味深い話でした。日本の強みであるインフラのソフトマネジメントでの中国に対する存在感、日本が昔に比べてアメリカや中国に対しても自国基準でモノが言えるようになってきた、テクノロジーでアメリカに勝ってきている現中国に対し力で抑え込むことは難しい、米中対決の将来の勝者で専門家は中国優勢とみている、リレーションシップ情報を確認しないで表面的な情報で動くと危ない、アメリカがなぜイランをいじめるか、韓国の大統領は出口を持っていない、釜石の軌跡など。先日の新聞のコラムに、政治家の役割で大事なのは国民を飢えさせないこと、戦争をしないこととありましたが、そこは一国民の私も意識として持ち続けたい。このカオスの世界で戦争に向かわないためには、相手を知り相手の価値観も尊重し、受け入れられる所は受けいれるという姿勢は必要と思います。「正義の反対は異なった価値観をもった正義」、なるほどと思います。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています