新たなビジネスを生み出すカギは、人材の育成から
読売新聞社も活用する「グロービス学び放題」とは

読売新聞東京本社人事部 杵淵 剛大さん(写真左)
写真部付編集委員 鈴木 竜三さん(写真右)

この記事のサマリー

  • 急速な社会の変化に対応できる人材の育成
  • 専門分野を超えてビジネススキルを向上させる必要性
  • 時代に合った個人の学びの場を提供する
  • 受講者インタビュー
デジタル化の波は、新聞社のビジネスにも大きな変化をもたらしている。読売新聞東京本社は、新たな社員研修の一環として、グロービス(本社・東京都千代田区)の動画学習サービス「グロービス学び放題」を導入した。スマートフォンやパソコンでビジネスに必要な基礎知識をいつでもどこでも動画で学ぶことができる「グロービス学び放題」は、デジタル時代を生き抜くための新たな学びの場としての役割を持っているという。読売新聞東京本社人事部で社員研修を担当する杵淵剛大さんに、読売新聞社で「グロービス学び放題」をどのように人材育成に生かしているのか、また報道カメラマンとして現場の第一線で取材を続ける編集局写真部付編集委員の鈴木竜三さんに、社会人の新たな学びについて語っていただいた。

デジタル化の波
新しい収益源を生み出し、新聞社の価値を高めるために

現在の新聞社を取り巻くビジネス環境と人材育成の変化をどうみていますか?

杵淵さん:今、メディア業界にもデジタル化の大きな波が押し寄せています。スマートフォンがあればいつでもどこでも簡単に、しかも無料でニュースを見ることができます。こうした急速な社会の変化に対応するためには、社員一人ひとりの能力向上、また部署を超えて連携し、読売全体で新規事業やデジタル分野にも挑戦することが必要です。そのために今後は、既存の仕事にとらわれず広い視野を持ち、仕事の幅を広げていける人材を育成していく必要があると感じています。

新聞社は職種別に採用を行っているため、専門分野での業務を覚えることが人材育成の大前提です。例えば、取材記者の場合は、地方支局からスタートし、数年後に本社に戻り、編集局のさまざまな部署に配属されます。今後は各部門の専門性を身につけたうえで、局と局の垣根を越えて、新しいビジネス、新しい収益源を生み出せるようなアイデアやスキルを持った人材が求められています。

「グロービス学び放題」を導入した背景は?

杵淵さん:新聞社は「職種のデパート」と呼ばれ、記者からエンジニアまで、さまざまな職種の人が働いています。私たちの人材育成は、各職場で先輩から指導を受けて、仕事を覚えていくというOJT(On The Job Training)が中心です。一方で、実務以外の一般的なビジネススキルを身につけることは、個人個人に任されており、体系的な研修は行っていませんでした。「グロービス学び放題」を新たに導入したのは、一般にビジネスに必要とされる体系的な知識を身につけることで、一人ひとりの能力の向上を図りながら、仕事の意欲を高めていくという狙いがあります。「グロービス学び放題」は、職種を問わず、誰もが隙間時間を使ってビジネススキルの初歩から学ぶことができ、専門分野のレベルアップや専門外の新しい知識の習得などが期待できます。

専門分野を超えて
いま、ビジネススキルを向上させる必要性

これまでの研修との違いは?

杵淵さん:これまでの集合研修は東京本社で行うことが多く、開催する時間や場所などの制約により、社内の受講者層に偏りがありました。「グロービス学び放題」は、こうした時間や場所の制約がなく、誰もが希望すれば、いつでもどこでも受講できるという点で、社員の新たな学びの場となっています。研修内容という観点でも変化がおきています。新聞社は、報道機関として、全社員に高い倫理観が求められており、「コンプライアンス」や「ハラスメント防止」といった研修については、これまでも力を入れてきました。最近ではそれに加えて、人事部が経営戦略や組織運営のスキル向上などをテーマにした研修を開催してきましたが、より実践的、かつ体系的に社会人として必要とされるビジネススキルの習得が重要になっていると感じていました。「グロービス学び放題」は社員一人ひとりが個別に必要とする学びを提供している点が良いと思っています。新たなビジネススキルを身に付けた社員が増えることで、部署を横断する新たな仕事が円滑に進んでいくことを期待しています。

「グロービス学び放題」はどのような方が受講していますか?

杵淵さん:2020年2月に開始した第一期の受講募集には、東京本社に在籍する新入社員からグループ会社役員まで幅広い世代の申し込みがありました。2020年3月から受講が始まりその後、新型コロナウイルスの感染拡大による、緊急事態宣言を受けて在宅勤務となった社員の研修としても活用したいと考え、第二期の受講者を募集したところ、最も多い時には約300人が受講しました。受講者の職種による偏りはなく、全社的に活用されていて手ごたえを感じています。

時代に合った個人の学びの場を提供する

「グロービス学び放題」を導入後の反応はいかがですか?また今後どのように活用していきたいですか?

杵淵さん:受講した社員からは「仕事に対するモチベーションが上がった」といった声が多く寄せられています。また、過去の経験則や感覚に頼っていた仕事での行動や決断について、「受講したことで、理論的な裏付けを得られた」という声もありました。もともと、新聞社には、「学びたい」という意欲を持っている人が多いですが、アイデア次第で、今後さまざまな活用の仕方があると考えています。例えば参加者に事前課題として「グロービス学び放題」の動画を視聴してもらい、全員がそのテーマにかかわる知識を持っているという前提で集合研修を行うことも考えています。新聞に対する高い信頼感と新聞社の価値を守り、さらに高めていくために、社員一人ひとりに時代のニーズに合った学びのスタイルを提供していければと思います。

読売新聞東京本社で「グロービス学び放題」を受講し、入社して30年余りの中で「最も面白い」と感じた学びだったと語る、編集局写真部の鈴木竜三編集委員。管理者層にも有益で、組織としても面白い化学反応が起こるのではないかと期待しているという「グロービス学び放題」を、鈴木氏がどのように活用しているのか聞いた。

「社会の変化とテクノロジーの進化に追いついていきたい」と受講を希望

現在、どのような仕事を担当されていますか?

鈴木さん:新聞社で写真部記者として報道の現場に長く携わり、現在は、同部付編集委員として、新聞の1面などに掲載される大型企画記事の撮影をはじめ、写真をメインとした連載企画記事の撮影と執筆も担当しています。

「グロービス学び放題」を受講した理由は?

鈴木さん:私自身、働きながら専門スクールでドローンの仕組みや無人航空機の制度問題について学びました。その間、想像を絶する社会変化のスピードに脅威を感じるとともに、「テクノロジーの進化にメディアも追いついていかなければ」と痛感しました。「グロービス学び放題」は幅広い分野の講座をそろえており、いつでもどこでも受講できることから、「このようなチャンスは他にはない」と思いました。

「第4次産業革命」の真っただ中にある現在、世界中の情報量は毎日、圧倒的に増え続けています。こういった時代には、自分が学びたい内容がいつでも好きな時に学べる「グロービス学び放題」はとても便利だと感じています。


取材の待ち時間など、隙間時間を活用してスマートフォンで視聴 いつでもどこでも学べるのが魅力

どのような時に視聴していますか?

鈴木さん:報道写真の撮影、取材という仕事の性格上、待ち時間が発生することがあります。撮影に余裕があり待ち時間が長い場合には、「グロービス学び放題」の動画を視聴するようになりました。先日も茨城県の筑波山麗で星空を撮影する機会がありました。撮影のタイミングが訪れるまでの間、カエルの声を聞きながら田んぼの中で車を止めて視聴しました。

「グロービス学び放題」のどのような点が良いでしょうか?

鈴木さん:オンラインでいつでもどこでも自分に合ったタイミングで視聴することができ、とても便利です。撮影機材が重いだけに、ビジネス書を持ち歩かなくてもスマートフォンがあれば受講が可能になる点でも助かります。また、さまざまな分野の第一線で活躍する講師が登場したり、最先端のビジネス手法で話題となった企業の実例も紹介されたりするなど、旬のテーマについても多角的に学ぶことができることや、コンテンツそのものの面白さも魅力です。これまでの視聴時間は100時間を超えました。

企業の規模や業種に関係なくビジネスに新たな気づきを与えてくれる 現代社会の変化をリアルタイムにとらえたコンテンツ

実際に視聴したコンテンツは?

鈴木さん:カテゴリー別では、「思考」「キャリア・志」「変革」「テクノベート」※1「創造」の講座は全て視聴しました。中でも最先端の技術にかかわる「テクノベート」は繰り返し視聴しています。テクノロジーを活用し新たなビジネス手法で話題となった企業の実例も多く、参考になります。特に「トレンドピックアップ」※2のコーナーは、旬のテーマについて多角的な視点で学ぶことができます。講座は、「初級」「中級」「実践知」と体系化され、動画自体も、講師の方の一人ひとりのお話が心に響きます。義務感もなく楽しく視聴でき、個人的には入社して30年余りの中で「最も面白い」と感じた学びでした。

※1 テクノベート
テクノロジーとイノベーションを組み合わせた造語。主にITに代表されるテクノロジーによって、進化、あるいは変化していく新しい経営の在り方を示す言葉として使われている。
※2 トレンドピックアップ
現在は、「知見録 Premium」に名称変更。

講座の視聴後、仕事に変化はありましたか?

鈴木さん:報道カメラマンとして、当社英字紙「The Japan News(ジャパン・ニューズ)」の連載「Old&New」を8年間、担当しています。日本の伝統に根差したユニークな取り組みを紹介しており、IT企業やスタートアップ企業の方々を取材する機会が多く、取材の際の予備知識やアイデア作りにも役立っています。取材先をはじめ、社内の交渉も手順を踏んで丁寧にできるようになりました。また、「インスタグラム」の利用の広がりもあり、世界中で撮影されている写真は日々、増え続けており、メディアとしての写真そのものの存在価値も問われてきていると感じています。報道写真にどのような意義や付加価値を持たせていくかを考えるうえでも、気づきを与えてくれます。

今後、どのような方に「グロービス学び放題」をお勧めしますか?

鈴木さん:企業の規模や業種に関係なく、ビジネスにかかわる方にはぜひ学んでほしいと思います。例えば、都心部から離れた農林水産業に携わる方には、インターネットを使ったビジネスや海外進出などを行う際に大いに参考になるのではないでしょうか。年齢に関係なく、視聴した方は「世の中が変わった」という実感を味わい、今後の仕事に生かせると思います。また、現代を知る「一般教養」としても楽しむことができます。

読売でももっと多くの人に学んでもらうと良いのではないかと思います。当社で言えば、全国の支局の管理職にあたる支局長やデスクの人たちにも有益ではないかと思います。支局の管理職は、組織を支えていく新人記者の実地教育にも携わっています。「グロービス学び放題」を視聴することで、リアルタイムの現代社会の変化をとらえることができます。

社会の変化を追いかけるのが好きで、新聞社に入社した人が多いと思います。長きにわたって、時代や現代社会の変化を伝えてきた新聞社だからこそ、多くの人が受講できればと思います。社内をはじめグループで面白い化学反応が生まれ、組織としても新たな地点にたどり着けるのではないでしょうか。

さらに知りたい、申し込みたい方へ

より「グロービス学び放題」を検討されたい方向けに、
詳細資料(PDF)、無料トライアルを用意しております。